ティーンズのための新書スマート・リーディングを    「あらまし読み」ではじめませんか

《「あらまし読み」推進支援チーム   arama会》

 

 「集中して読め、自分の思考につないでいく新書読書をしてみませんか?」

             ー「探究の入口となる読書術」オンラインワークショップつきー

 

「読書」とは「小説を読むこと」だけではありません

「新書」というジャンルも「読書」してみませんか?

 

「新書」とは、

ノンフィクションとして語られている「情報読書」のお手軽サイズの本のこと

テーマの広さは、

内側として—自分の生き方、自分の仕事や家族のこと

外側として—国際平和のこと、感染症、気候変動の問題……

 

インターネットから探し当てた短い文章とは違って、

「新書」という本からは、著者の生き方や考え方の全体が伝わってきます

「新書」の目次には、著者の目線、論理軸が一覧されています

 

それを鷹の目のように、読み解くところから始めるのが、「あらまし読み」

   理屈ではなく、一度体験すると、ストンとあなたの中に落ちます(学生の声)

    

《 「あらまし読み」体験ワークショップのご案内 》

 毎月1回 日曜日の午前10-12

 オンライン(ZOOMにて開催。PCから入られることをお勧めします

 参加費は無料

 自分で選んだ新書を1冊、ワークショップ内で「あらまし読み」

   「読む」を軸に「書く・描く」「話す」「聴く」をゲーム感覚で

 不安な方へ

   あなたの読みの正誤を尋ねるものではありません

   読めたところまでを書き、交流してみましょう

   「このような読み方をしたことがなかった!」という驚きと

      集中できた喜びを笑顔にされて、

 ワークショップを退室される方が多いです

  それでは、

Ⅰ「あらまし読み」実践

1. 準備するもの

 易しい新書を2冊

 「あらまし読みシート」(大学生版)の印刷

  からはじめましょう!

 

 

 

「新書ってなに?」ガイド説明をしてみました。ご自由にお使いください。

1.「シート」著作権

2.「マップ」の描き方 new!

3.本の選び方

4.小説でも「あらまし読み」

5.授業に取り入れたい(先生)

6.「あらまし読み」では不満


1.読みのハードルを下げる

2.読みの可視化と思考

3.対話で「読み」の確認

4.俯瞰的な見方を養う

5.隙間時間のフル活用

 《 みんなの声 》

A.2021.11

図書館総合展ワークショップ参加者の声